kk

            
              TEL 029−222−3000
              FAX 029-222-3200
              mail:doctork@doctork.gr.jp
本文へジャンプ

診療科

内科・呼吸器科・消化器科・皮膚科



禁煙指導 睡眠時無呼吸症候群外来 エピペン指導・シダトレン(スギ花粉症)指導
各種健康診断予防接種

各種保険取り扱い
(自賠責・労災は扱っておりません)

祝祭日、水曜日、土曜日午後休診

当院では主に院内処方を行っております。


インフルエンザワクチン接種を始めました。
今年は例年より早い流行が予測されております。

ただし補助を受けられる方は10月16日月曜日から接種となります。

今年もA型2種 B型2種の四価型ワクチンですが、
今年はワクチンの型を途中で変更したためいままで 一番生産量が
少なかった昨年よりさらに生産量が少なく供給が滞る可能性があります。
高齢者、小児、持病のあるかたなど、ワクチン接種が必ず必要な方は
お早目の接種をお勧めいたします。
摂取料は昨年同様4000円になります。

インフルエンザワクチン不足(ニュース

http://www.sankei.com/life/news/171006/lif1710060008-n1.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201710/553106.html


厚生労働省
昨年と同数の希望者がいると絶対数がたりません。
ご希望の方は今年はお急ぎください。




花粉症の方へ。
舌下免疫療法初回投与を開始致しした。
初診時は30分ほど診察時間がかかります。
お電話でご予約下さい

029-222-3000


ロート製薬医療機関専用化粧品取扱い始めました
目元用クリーム DRX ECアイクリーム4500円(税別)
シミ取り用ハイドロキノンクリーム HQダブルブライトE2000円(税別)
ベビーセパメドフェイス&ボディウォッシュ
ポンプ500ml 2400円 リフィル1600円
敏感肌の方、皮膚が荒れた方にお勧めです。


予防接種スケジュール表





駐車場は前に3台左二軒隣に19台分あります。
クリニック前駐車場は救急車や身体不自由な方を
優先とさせて頂きますので、移動をお願いすることがあります。
当院横駐車場は狭く、接触事故が多かったため職員専用と致しました。ご了承ください。



アクセス
〒310ー0066
茨城県水戸市金町3−1−17


水戸市循環バス太郎坂バス停すぐ
駐車場22台 (クリニック前3台、大駐車場19台)

ご連絡・FAX
電話 029-222-3000

FAX  029-222-3200
@doctork.gr.jp

お薬予約メールアドレス(予約診療ではありません。当院は院内処方中心です。前もってお薬を準備致しますので、診療後薬を早くお出しできます。在庫切れの心配がありません)
yoyaku@doctork.gr.jp
医師

院長:河内重人(カワチシゲト)
20年前の写真ですが)

医学博士・産業医

内科学会認定総合内科専門医

厚労省認定労働衛生コンサルタント

外来時間

玄関は8時ごろ開門致します。

外来時間案内
受付
8:30
〜12:30
休診
14:00〜17:30 休診 休診

土曜日午後、水曜日、日曜・祝祭日は休診となります。

診療時間外の診療は受け付けておりません。
水戸市休日夜間診療所などのご利用をお願いいたします


水戸市休日夜間診療所
水戸市笠原町993番地の13
水戸市保健センター2階
電話番号029-243-8825(内科,小児科,外科)
平日PM7時半〜10時半
休日は上記に加え午前の部 午前9時から正午まで
午後の部 午後1時から午後3時30分まで


PM10時半以降
救急情報コントロールセンター
029−241−4199(当日の当番病院を教えてくれます)
予防接種
現在,当院では子宮頚癌ワクチンは接種を見合わせております。

他のワクチンは接種施行しております。お電話でご予約ください。
(接種期間内のインフルエンザワクチンはご予約不要です。)
日本の予防接種スケジュール

高齢者(65才以上)の肺炎球菌ワクチン定期接種 (水戸市では65歳以上であれば何歳でも補助が受けられます。)
7000円 (補助対象者は自己負担5000円)

最近まで再接種はアレルギー反応が強く禁忌とされてきましたが、5年以上間隔を開ければやや局所反応は強くなるもののアナフィラキシーショックなどの強い副作用の確率は増えないとされております。再接種ご希望のかたは5年以上の間隔をあけて、体調の良い日に接種してください。

再接種対象者

初回接種から5年以上経過した次に示すような肺炎球菌による重篤疾患に罹患する危険性が極めて高い者及び肺炎球菌特異抗体濃度が急激に低下する可能性のある者を対象とする

1)65歳以上の高齢者

2)機能的または解剖学的無脾症(例 鎌状赤血球症、脾摘出)の患者

3)HIV感染、白血病、悪性リンパ腫、ホジキン病、多発性骨髄腫、全身性悪性腫瘍、慢性腎不全、またはネフローゼ症候群の患者、免疫抑制化学療法(副腎皮質ステロイドの長期全身投与を含む)を受けている患者、臓器移植または骨髄移植を受けたことのある者


保険外診療
健診にオプションで腫瘍マーカー、ピロリ菌検査など追加することができます
詳しくは自費診療のページをご覧ください。

ED治療薬
バイアグラ(シルデナフィル)のジェネリックが発売されました.
院内処方は10錠 税込 8100円となります。10錠単位となります。

プロベシア(男性型脱毛治療薬) 院内処方 一ヶ月分(28錠)
 税込み8640円→ 8100円に値下げ致ました。28錠単位となります。
ジェネリックが発売されましたが先発薬もやすくなりましたので効果の確かなプロベシアの院内処方を当院では継続致します。

 
プラセンタ(メルスモン)注射 1アンプル2160円 2アンプル3240円(自費で注射のみの場合は初診料、再診料などほかの診察料はかかりません。)
(更年期障害、乳汁分泌不全は保険適応になる場合があります。適応となる年齢、期間があります)

ニンニク注射は終了いたしました。


ピアス穴あけは終了致しました。
ハイドロキノン軟膏(シミ取り軟膏)  ロート製薬製品(ローション、クリーム)2160円
低刺激性シャンプー ベビーセパメドBody&FaceBody&Face(ドイツ製)2400円


TOPIX

スギ花粉症 舌下免疫療法 
スギ花粉にのみ効果があります。
スギ花粉の説明のあるホームページをごらんになりご希望の方はお電話でご予約ください。その際下記
問診票にご記入の上ご持参頂けると迅速に対応できます。

http://www.torii-alg.jp/


問診票
(ダウンロードしてご持参ください)
舌下3年〜5年ほどの加療で60〜80%の方に有効と考えられております。 速効性は無く(治療に最低3年かかります.できれば5年以上治療すると効果が長続きします。)終了・中断後効果が減弱することがあります。
花粉飛散の数ヶ月前から開始することになりますので、遅くとも10月〜11月頃からは始めた方が良いと思われます。
杉花粉が飛び始める12月から5月までは新規の方は開始できません。(飛散終了後5月頃から再開します。継続投与の方はこの期間も投与できます)

スギアレルギーが確認された方が適応です。
スギ、ネコ、ダニの3種だけでしたら30分ほどでわかる検査もあります。
いろんなアレルギーを知りたい方は一週間ほどかかりますが、
View39(39種のアレルギー検査を一回で検査できます)もできるようになりました。

当院はシダトレン処方登録医療機関です。
シダトレンでのアナフィラキシーショックの報告例はありませんが当院では万が一に備え、ボスミン、速効型ステロイド、AED,挿管セットが常備されております。

治療費の目安
医療機関 (院内処方の場合・シダトレンのみの処方の場合)
初診時2910円(アレルギー検査費、薬剤料を含む)
以前にスギ花粉症である事を採血などで診断されている方は結果をお持ち頂ければアレルギー検査は省略できます。(1430円になります)
2回目以降950円(再診料+処方箋料)

他の薬は院内に用意が無いため、他剤と一緒に処方する場合は院外処方箋での対応となります。

睡眠時無呼吸症について
日中、眠気を感じ集中力が低下したり、心不全などの病気にもかかりやすくなります。朝、起きたときに頭が重い、昼間、寝てはいけないときに一瞬、眠ってしまうなどの自覚症状があるときは、診察を受けてください。
睡眠時無呼吸症候群
禁煙外来について
禁煙ご希望の方はご相談ください
http://sugu-kinen.jp/
http://www.nicorette-j.com/

当院はニコチン依存症管理料算定要件を満たした認定施設です。
チャンピックス(経口剤)ニコチネルTTS(貼付剤))の処方を含めた保険を使った禁煙指導が可能です。

但し、現在の所保険適応になる方は限られております。
1.直ちに禁煙しようと考えていること
2,ブリンクマン指数(一日吸う煙草の本数X喫煙期間(年))が200以上であること
3,禁煙治療による治療に同意していること
4,ニコチン依存症のスクリーニングテストで依存度が高いと診断された者(TDSテストで5点以上の方)
5.1年以内に禁煙指導を受けていない方

アナフィラキシーショック予防のエピペン指導
蜂アレルギーなど、アナフィラキシーショック予防のためのエピペン注射の指導を行っております。
成人用と子供用の二種類があります。

ショック既往のある方、職業的にショックを起こす可能性のある方は保険適応になります。


学童など、学校生活管理指導表の必要な方はお申し出ください。
http://www.gakkohoken.jp/book/pdf/02sidou.pdf

l
予防接種スケジュールpdf


外傷、第三者行為による診断書などは当院では発行できません。
外科、整形外科などを受診してください。